変形タタミ(入隅縁無畳)

西原町

ヘリ無し畳(琉球畳)の施工をしました。

畳間に柱があり、畳をL状に作ります。

通常の縁付き畳では畳縁で包み込む部分を、縁無し畳ではゴザ自体に切込みを入れほつれないように縫いとめるので難易度も格段に上がります

敷き込んでからは見えない畳の側面ですが、きれいな縫い目できちんと仕上げて、ピッタリと隙間なく納品できるように丁寧な仕事を心がけています。

お客様も当店も納得の仕上がり。やりがいのあるお仕事でした。

(^へ^)‘‘