光を楽しむ畳空間

うるま市

 6畳と4畳半の続き間を和紙表で新調させていただきました。

 

奥行きのある琉球畳の二間で、奥のほうへと誘われるような広さを感じます。

 

床窓からの光が琉球畳の陰影をくっきりと浮かび上がらせ、床柱の木肌の美しさ、趣のある空間になっています。

 

朝、夕暮れにかけての光の角度や色で、刻々と表情が変化していく和室。

できれば、その変化を1日中楽しんでみたい気分になりました。

 

和室は、季節や時間、天気などで様々に表情を変化させます。その変化を楽しむのも和室の魅力ではないでしょうか。

 

ふとした瞬間にいつもと違う表情にはっ としたり心が和んだり.

 

リフォームした畳間、 光を楽しむ… 素敵なお部屋でした。