· 

梅雨のカビ対策!!

*畳は古くなって小麦色になるとカビなくなります。

*新しく青々とした畳表にはイ草の養分が残っているため、カビが生えないように対策が必要です。

*イ草ではなく、和紙でできた『カビない畳』も丈夫でメンテナンスもしやすく人気です。

カビ対策 畳をカビから守る!!

沖縄

そろそろ梅雨の季節。

 新しい畳、カビから守っていきましょう!

 

クーラーや除湿器をつけっぱなしにして湿度・温度を対策できれば最も安心ですが、クーラーや除湿器がない場合でもできるカビ対策を考えてみます。

 

梅雨の間 1日中ずっと扇風機を畳に当てる(電気代 約35円/日/強風)・・・カビの胞子を畳に付着させないため

 

フローリングワイパーで畳を拭き掃除・・・目に見えないカビの胞子をふき取るため。和室が汚れていなくても畳の表面をサッと拭いてカビの種を取ってしまいましょう。

 

洗濯物を畳の部屋に干さない・・・畳が新しいうちは特にダメです。

 

5,6月の沖縄は湿度が80%を超え、あちこちでカビが生えやすくなってきます。新しい畳を気持ちよくお使いいただけるよう予防が大切です。*沖縄県の梅雨明けは平均6月21日、お手入れしながら乗り切っていきましょう

 

(もし生えてしまった場合は質問Q&Aにお手入れ方法を載せてあります)